ジェルネイルを安心してお楽しみいただくために

▼当サロン内の新型コロナウイルス感染予防策について

 
【店内での感染予防策】

  1. スタッフの出勤前の検温および体調確認を実施し、37.5℃以上の発熱もしくは体調不良の諸症状がある場合は該当スタッフを出勤停止
  2. 出社直後の手指消毒、手洗い、うがいの実施
  3. スタッフの施術中の手指消毒の徹底
  4. 定期的な店内換気
  5. 使用後のテーブル周りやアームレストの消毒
  6. ネイル機器の小まめな消毒
  7. ペーパー類を施術毎に交換
  8. 使用器具の紫外線消毒機による消毒
  9. 営業時間の短縮
  10. 同時に在店するお客様の人数を制限
  11. 在店する人と人(お客様・スタッフとも)の間隔を空ける
  12. 全てのテーブルにアクリルパーテーションを設置
  13. ドリンクサービスを当面の間停止(お飲み物はご持参をお願いいたします)

 
【ご来店の際、お客様へご協力いただきたいお願い事項】

  1. 咳や風邪のような症状、又は味覚嗅覚の異常はないかの確認
  2. 2週間以内の海外渡航歴がないかの確認
  3. 2週間以内に濃厚接触した方の中に感染もしくは感染の疑いがある方がいないかの確認
  4. 入店時の手指およびご着用の衣類の消毒へのご協力
  5. マスク着用でのご来店
  6. ドリンクサービスを停止に伴う、在店時のお飲み物ご持参

※1〜3に該当なさる場合は、ご来店日時のご調整をお願い致します。
 
以上、ご不明点などございましたら、お気軽にスタッフまでお尋ねくださいませ。
お客様にご負担をおかけいたしますが、ご理解とご協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

▼医療の検査でのネイルが及ぼす影響について

医療
検査を受診する際、検査の種類によっては、ジェルネイルやネイルポリッシュ、ネイルアートなどをオフ(除去)する必要がございます。
ご来店でのオフが難しい際はセルフオフに必要な道具をご準備いただき、動画でご案内している爪に安全な方法でのセルフオフをお願いいたします。
https://youtu.be/hIzgqB6s1Dw

以下、検査による対処方法の一例です。
※使用する装置によって異なる場合がございます。詳しくは、医療機関の指示に従ってご対応ください。ご参考までにご覧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

》レントゲン、CT検査
胸部レントゲン、CT検査を行う場合は、問題ないとされています。

》酸素飽和濃度測定
肺炎の場合、呼吸の状態を測定するために指先にクリップのようなパルスオキシメーターを装着して酸素飽和度を測定する検査を行いますが、この検査に影響があります。
装置で爪の付け根に近いところに赤い光を当てて測定する際、カラーポリッシュやジェルネイル、立体的なパーツなどを装着していると正確な測定が出来ないため、検査の前にオフする必要があります。

》MRI検査
検査を受ける際には、金属類や磁気類のアクセサリーなどと同様、金属のネイルアートのパーツも外す必要があります。
ジェルネイルやカラーポリッシュなどの顔料にも金属成分が含まれている場合があります。
爪の色は血液の色を映し出しています。入院加療が必要な場合には、爪の色に変化がないか観察されます。
診療の妨げとならないよう、検査の前にオフする必要があります。